Top
cupping
b0118525_2217440.jpgb0118525_22151879.jpgb0118525_22154636.jpgb0118525_22161015.jpgb0118525_22164062.jpg






チェルシーのカフェでカッピングやるみたいだよ、とSaiが情報提供してくれました。HPで確認してみると誰でも参加できるらしい。それではということで一緒に行ってみることに。

店の奥のちょっとしたスペースにそれらしき道具がそろえてある。お店のお客様にもっとコーヒーのことを知ってもらおうという趣旨でのイベントのようです。見習わなければ。

さて今回のテーマは同じ産地の豆でロースト違いでの味を比べるというもの。豆はブラジル。Cerrado Daterra農園のイエローブルボン、たぶんパルプドナチュラル。ここの農園は日本で働いていたコーヒー店でも使ったことのある豆で毎年安定してよい豆を作っています。
日本では真空パックされた状態で生豆が輸入されているのですが、こちらではどうなんだろう?うっかり訊くのを忘れてしまいました。

実際にカップしてみると今年もバランスが良く味もきれいというのが第一印象。
深くローストしたものにはきちんとビターチョコ、クリーミー、スウィートネスを感じました。少しトーストも感じましたが…。(他の参加者はこのあじを焼きバナナとかバーベキューという表現を使っていました。ユニーク!)もしこの豆を使ってエスプレッソブレンドを創るとしたら3~4割くらい使うだろうな、なんて思いました。グッと味が締まったESPになるはずです。

カッピングから遠ざかっていたせいか、感がだいぶ鈍っていたことに少々ショックを受けましたが、それ以上にコーヒーを語れる相手に出会えたことに感激。日々の訓練、日々の勉強を欠かしてはいけないと深く反省しました。もりもりとコーヒー熱がわいてくる…。  Ko
[PR]
by coffee66 | 2008-04-27 22:34 | koffe
<< ブルックリン flea mar... Dyckman Farmhou... >>



our life with coffee
カテゴリ
10月 saipain教室
profile
koffe
home
nature nature
land land land
art
sai-pottery
sai-pain教室
sai-pain
land land なつ あき
以前の記事
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧