Top
カテゴリ:koffe( 58 )
koffe

b0118525_14292556.jpgb0118525_1337771.jpg







koffe

わたしたちのかたちが
いつか
できるといいな。



NYでのたくさんの素敵な出会いに、ほんとうに感謝しています。
2年間、ほんとうにどうもありがとうございました。
 
おしまい。

[PR]
by coffee66 | 2008-11-25 14:08 | koffe
NY Espresso
b0118525_13285763.jpgb0118525_1151450.jpgb0118525_13242435.jpgb0118525_1328368.jpgb0118525_1336118.jpg







前回につづきNYのEspressoの理解を深めるために、Anneにデモンストレーションと実技のワークショップをお願いしました。あるカフェのEspressoマシンを使うため閉店後の遅い時間からスタート。豆の扱い、グラインダーのセッティング、マシンの扱い、タンピング、抽出量などなど。Anneは細かい質問にも丁寧に答えてくれ、実技を交えていることもあり疑問はスラスラと解消されていく。また彼女の仕事ぶりは動きにいっさい無駄が無く、一杯ずつが実に丁寧で、何よりもエスプレッソに取り組む姿勢が美しい。私も見習わなければなりません。

私の基本はロースターで、良い材料を選び、焙煎やブレンドを主の仕事とします。しかしお客様のお口に届くまでには、輸送・保存や抽出といった工程を経るわけで、これらも怠るわけにはいきません。ロースターの仕事を生かすも殺すもAnneたちバリスタの手にかかっているわけです。こういうバリスタと仕事がしたい!
日本に帰ったら私がローストした豆を送ることを約束して、この日のワークショップは終了。
Anneはまぎれも無い真のバリスタでした。
[PR]
by coffee66 | 2008-11-19 13:37 | koffe
Intelligentsia Cupping
b0118525_1251078.jpgb0118525_1253170.jpgb0118525_129740.jpgb0118525_1210850.jpg







Intelligentsiaのラボにカッピングに行ってきました。この会社はSpecialty Coffee業界を牽引していることでも有名な会社のひとつですが、数ヶ月前にここNYにもトレーニングラボを開設しました。実は私、こちらの豆をじっくり飲んだのは、つい10日ほど前が初めて。先日の和食に合うコーヒーを探しているときに、試しに数種類の豆を購入してみました。
実際に飲んでみると、どれも良い豆を選んでいるなという第一印象。それから豆の特徴をよく引き出してロスートしている様に思います。最も好印象だったのは(バイヤーが)クリーンな味を重視していると感じさせるということです。これまで飲んできたアメリカのコーヒーのほとんどに雑味を感じ、クリーンという感覚はアメリカ人は大して気にしていないのかと感じていましたので、うれしい驚きでした。
まだ数回しか飲んだことが無いのですが、数種類の豆で“良い”と感じさせるということは、多分良いということでしょう。センスの良さを感じます。 Ko
[PR]
by coffee66 | 2008-11-14 12:44 | koffe
こえだ家 コーヒー教室。
b0118525_822521.jpgb0118525_825079.jpgb0118525_83840.jpg








こえださんのお友達の
コーヒー好きのみなさんとコーヒー教室 基本編。

同じコーヒーでも
抽出の具合で みんなそれぞれの味になる。
性格がでますよ~。

しつこいぞっと言われ続けたsaiさん抽出も
毎日の成果!?
さっぱり淹れることも覚えたので
今日のわたしは さっぱり性格となってみました。

お友達のおひとりは
なんとこの詩人ブログを見ていてくださったとのこと。
詩人・・・ありがたいお言葉ですが
最近、ちょっとお笑いもはいっているような?
最後は、詩人でNYブログしめたいな。
お会いできて うれしかったです。
みなさん 今日はほんとうにありがとうございました。

[PR]
by coffee66 | 2008-11-11 08:17 | koffe
食事とコーヒー
↓今回機会をいただいて“和食に合うコーヒー”というテーマでご提案させていただきました。
和食の後の飲み物といえば、日本人にとってはお茶というのが当然ですが、
生豆(素材)の特性、焙煎、抽出について理解を深めることによって
実は和食とコーヒー、うまく合わせられたりするものです。

①食事の内容に合わせる
②食事を引き立てる(邪魔をしない)
③旬を楽しむ

今回難しかったのは、“NYで手に入れられる豆”というサブテーマ。
自分で素材選びやローストを行っていれば…と思います。
Ko
[PR]
by coffee66 | 2008-11-10 02:19 | koffe
おさかなに合うコーヒーの会。
b0118525_0371454.jpgb0118525_0373220.jpgb0118525_0375292.jpgb0118525_038897.jpg







隊長の通うお魚料理教室の先生から
‘和食にあうコーヒーをおしえてほしい’とのご要望。
 
東京では有名レストランのシェフのリクエストに応え 
コーヒーのブレンドも行っていたKoさん。
‘やらせていただきま~す!!!’

グンジ先生といえば
こちらで知り合ったお友達も パン教室へ来てくれた方も
釣りの師匠の師匠とあおぐ お友達のだんなさんも
みんなみんなのあこがれの方。

お造り おいしすぎて ここは日本?と疑うほど。
そして すっかり食べて お酒もいただいてしまったあとのコーヒー
みんな わたしも一瞬止まってしまった。
すきっと 切れがよく 
なぜか またお造りおいしかったわぁ~っと思い出させる 不思議な感覚。
こんなにも 和食に合うなんて わたしもびっくり。
お魚×コーヒー 素敵な企画 隊長 グンジ先生 マヤさん どうもありがとう。
[PR]
by coffee66 | 2008-11-10 01:40 | koffe
Espresso Cupping
b0118525_11521084.jpgb0118525_11522982.jpgb0118525_11524556.jpgb0118525_1153787.jpgb0118525_11532988.jpg








NYのNo.1バリスタともいわれるAnneにお願いして、NYのエスプレッソについてのワークショップを開いてもらいました。日本ではイタリア系のエスプレッソが主流ですが、ここはNY。その違いを知りたいとのリクエストに対して、Anneの提案でNYのエスプレッソカフェを回りながらその解説をしてもらいました。朝から立て続けに5件のカフェを回り、さすがにしばらくエスプレッソはいらないと思うくらい飲みまくりました。 Ko
[PR]
by coffee66 | 2008-11-08 12:11 | koffe
Brundi Cupping
b0118525_1334841.jpgb0118525_1335107.jpgb0118525_13354194.jpgb0118525_13363191.jpg







b0118525_13423219.jpgb0118525_1343076.jpgb0118525_13432562.jpg







この数日、コーヒーイベントが続いています。今日はトレーダーが主催するブルンジのコーヒーカッピングに行って来ました。アフリカ産のコーヒーは、未開の領域が多く、新しい香味を求め、ここ数年世界的に注目されています。
今回はこのトレーダーが来シーズンの使用豆を決めるため、ブルンジのエクスポーターから取り寄せた25種類のサンプルをカッピングしました。
久しぶりに数の多いカッピングで少々疲れましたが、新しい発見もありよい勉強になりました。
最後はいつになく記念撮影。もうすぐ帰国する私に皆気を使ってくれている。Thank you guys! Ko
[PR]
by coffee66 | 2008-11-07 14:17 | koffe
coffee labs
b0118525_23255131.jpgb0118525_2326205.jpgb0118525_23265616.jpgb0118525_23271389.jpg






Tarry Townにとても居心地のよいカフェがあるよ、と何人かから聞いていたのですが、念願かなってようやく行ってくることができました。店内に入るとドカンと釜がお出迎え。生豆の麻袋にもついつい目がいってしまいます。エスプレッソを注文。1ozくらいかな…カップが大きかったので少なく感じましたが、味わってみると新鮮なグリーンの香り、ビターとまではいかないがチョコレートの香りが印象的でした。朝から店内は込み合っていて地元の方に愛されているのがよく分かりました。
[PR]
by coffee66 | 2008-10-18 23:22 | koffe
NYCS

b0118525_23285750.jpgb0118525_2329143.jpg







b0118525_23292880.jpgb0118525_23294282.jpgb0118525_23295447.jpg








月に1度のNYCSカッピング。今回は7種類のコーヒーをブラインドでカップしました。どこの産地かあてるというゲーム形式。生豆の品種や背景、保管状況などは知らされないので、当てるのはなかなか難しいです。ここでは書ききれないほどいろいろ想像を巡らせながら、記憶を辿っていきます。結果は…。答えを聞いた後の復習もしっかり行なってきました。よい勉強になりました。   Ko
[PR]
by coffee66 | 2008-10-15 23:27 | koffe



our life with coffee
カテゴリ
10月 saipain教室
profile
koffe
home
nature nature
land land land
art
sai-pottery
sai-pain教室
sai-pain
land land なつ あき
以前の記事
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧