Top
カテゴリ:koffe( 58 )
買い付け
私がNYに来た理由。数多くのコーヒーを体験したいから。そして美味しいコーヒーに出会いたいから。

先日Vermontまでコーヒー豆の買い付けに、片道500kmほどの道のりをおよそ7時間かけて行ってきました。そこには業界でも著名なコーヒー研究家がおり、世界中から集められたトップクオリティーの豆を扱っています。今回の目的は新しく入荷したグアテマラの味のチェックとロースト度合いのすり合せです。
用意していただいたサンプルを飲んで、まず豆の本質を見極めます。もし良ければ、次にどのロースト度合いにするかその場で決めてリクエストします。日本にいたときと違って自分でローストする訳ではないので、このあたりの微妙なニュアンスを伝えるのに毎回てこずります。でもそこは一応プロ同士。なんとか理解してくださったはずです。週末に届くサンプルが待ち遠しいです。K

[PR]
by coffee66 | 2007-08-31 10:32 | koffe
コーヒーカップ
b0118525_1045153.jpg




お店のカップを拝借して、夕食後コーヒーを飲みながらつぶやいています。

個人的には厚手の生地よりも薄手のもので、外側に口が拡がっているタイプのカップが好きです。
日本の実家にはいろいろ集めたカップがあるのですが、特に気に入っていたのは大倉陶園のブルーローズとコペンハーゲンのアンティークのカップでした。大倉陶園のカップは質感が高く、ちょっと古臭い形がレトロな感じで気に入っていました。コペンのカップは1900年ころのものなのですが、この頃のものは手書きのデザインがとても精巧で“プロの技術”を感じます。
同じコーヒーなのにお気に入りのカップで飲むと美味しく感じたり、癒されたりします。不思議ですね。

ちなみにお店のカップは私の好みに合ったものです。シンプルなデザインで口当たりも良く、なかなかいい感じだと思っています。K

[PR]
by coffee66 | 2007-08-18 10:47 | koffe
贅沢な一杯
SPコーヒーは豆の素材だけがスペシャルティーなだけではありません。抽出もスペシャルティーなのです。ご注文を頂いてから豆を挽き、カップを暖め一杯ずつ丁寧に抽出します。また、通常のドリップよりも豆を倍以上、たっぷりと使用します。その分粉の粗さを粗めにします。粒が大きいので粉の一粒一粒にじっくりとお湯を浸透させるイメージです。そうすることによって雑味の無いとてもきれいな味わいになるのです。少し時間はかかりますが、とても贅沢な一杯です。K
b0118525_10102234.jpg

[PR]
by coffee66 | 2007-08-07 10:10 | koffe
待ちに待って
SPコーヒーを始めるにあたって、豆の次に気を使ったのはグラインダーでした。ミルの性能によってもコーヒーの味は随分変わるからです。一応日本から自宅で使っていたミルを持ってきてはいたのですが、変圧器を使ってもヒューズが飛んでしまうため残念ながらこちらでは使えません。カフェで一杯ずつドリップする習慣の無いアメリカでは程よいサイズのミルがほとんど無い!サイトを探しまくってようやくKitchenAidプロシリーズを見つけました。すぐにほしかったのでマンハッタン内をとにかく捜し歩いたのですが、どこにも在庫が無く、結局通販サイトで購入することに。発注してからおよそ2週間、待ちに待って本日やっと届きました。
さてこちらのミル、使い勝手はなかなか良く、作りもしっかりしていて音も静か。微粉の混入も少なくなかなか良いです。これでより一層美味しいコーヒーがご提供できそうです。K
b0118525_10313996.jpg

[PR]
by coffee66 | 2007-08-02 10:31 | koffe
うれしかったこと
外出先から帰ると、SPコーヒーを召し上がっている日本人のお客様がいらっしゃいました。どうやらお友達に美味しいと聞いていらっしゃったとか。まだはじまったばかりですが、こうして来てくださるのは本当に嬉しいです。その反面きちんとご提供しなければいけないと身が引き締まる思いでした。これからもどうぞよろしくお願いします。K
[PR]
by coffee66 | 2007-07-31 12:31 | koffe
あるニューヨーカー家族。
今日は雨の中、たくさんの方がコーヒーを飲みに来ていただけたようで、ほんとーにありがとうございます。わたしは、クッキーと焼きながら、様子をうかがっていたのですよ!

やはり、日本人のお客様がコーヒーをお試しくださることが多いのですが、ニューヨーカーにも、とりあえずオススメしたら、そのコーヒーを!っとお願いされることもあるのです。

今日の夕方、あるニューヨーカー家族を観察していました。5人いる中で、娘さんお1人がスペシャルティーコーヒーをご注文。まだかまだかとコーヒーが入るのを眺め、サーブされたときには、ちょっと少なくないか?とたぶん、英語で言っていて・・娘さん、一口飲んで、すごく動揺。。とにかくパパも飲みなさいっという感じで、カップをもうひとつ取りに来る。そして、何か親密に話していて、あれ、口に合わなかったのかな・・・と思っていたら、帰り際、とにかくデリシャス、デリシャス!!!を連発して帰っていきました。ほーっ。

ニューヨーカーの間にも、少しずつ受け入れられていくといいなぁ。

[PR]
by coffee66 | 2007-07-30 11:35 | koffe
specialty coffee 初日
 週末、土曜日から始まったspecialty coffee。週末で割引チケットのおかげもあってか予想以上のご注文をいただきました。specialty coffeeの素晴しさをお伝えできるよう、次にまたご来店いただけるよう、心をこめてドリップしました。またお客様とコミュニケーションをはかる中、いろいろと参考になるヒントもいただきました。どうもありがとうございました。
 
 さて今回ご用意していますのはEthiopia Yergacheffe、Colombia San Lorenzo、Kenya Tombaの3種類です。Ethiopiaは花のような香り、シトラスの香りが特徴で、口当たりが優しく甘みがあります。Colombiaはフルボディー、つまりこくがあってビターチョコのような味わい。オーソドックスですがクオリティーの高いコーヒーです。Kenyaは力強さの中にフルーティーな香りもありとてもユニークなコーヒーです。深くローストしたものはボルドーワインのようにも感じます。実は今回到着したKenyaは私の指定したローストよりも少し浅く(軽く)出来上がってきてしまいました。個人的にはKenyaは深めの(苦めの)ローストが好きなのですが、浅めのケニアはさっぱりいただけ、他の豆と特徴がかぶらずにかえって良かったのかも知れません。
 
 これからは少しずつですが豆の種類を増やせたらいいなと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 ちなみに本日(23日)は16-22時の出勤です。K

[PR]
by coffee66 | 2007-07-24 00:25 | koffe
Specialty Coffeeはじまりました!
b0118525_2359061.jpg
日からはじまりました、スペシャルティーコーヒー!こんなふうに出てきました。白いカップに、ちょこっとお菓子、お代わり分のコーヒーのサーバーに、お口直しのお水も。もちろん、お砂糖もミルクもあるけれど、コーヒーのおいしさを知ってほしいから、ぜひブラックでお試し下さい!!
b0118525_0293929.jpg
お値段は、日本並み!★ですが、クオリティーの高さを考えて、お代わり分もついているし・・・私はやすーいっって思うのですが。そう、割引チケットをもっていらっしゃれば、今なら半額でお試しいただけます。なになに!??と思われる方、ぜひ、この機会に。そこでコーヒーを淹れているのがKです。コーヒーのお話、いろいろ聞いてみてくださいね。
[PR]
by coffee66 | 2007-07-22 00:49 | koffe



our life with coffee
カテゴリ
10月 saipain教室
profile
koffe
home
nature nature
land land land
art
sai-pottery
sai-pain教室
sai-pain
land land なつ あき
以前の記事
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧